プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




トランプ一組より重い、一通の手紙の話
僕はシンシナティに来ている。今回の旅行は、何年か前に、小さな女の子が書いた一通の手紙が発端だったと思う。

それはトランプを販売する日本の輸入代理店に向けてかかれた手紙で、こんな内容だった。

その女の子は祖父と旅行中、祖父にマジックを見せることをとても楽しみにしていた。ところが、鞄の中から新品のトランプを取り出し、開封をしてみると、カードが足りなかった。彼女はがっかりして、足りなかったカードのせいでマジックが出来なかったことを旅行中も気にかけていた。

その手紙のことは、トランプを製造するUSPC社にすぐに伝えられた。モノを作る限りは、どんなにチェックをしても不良品はゼロにはならない。けれど、アメリカから遠く離れた異国で、そんな小さな事件があったことを知ったUSPC社のスタッフたちは、彼らが作るトランプを手にする一人一人に、それぞれの思い入れがあることを再認識した。

それから、何年かが経った。ときどき、テレビ番組で、僕がトランプのマジックをする。その影響かどうかはわからないけど、日本でトランプを買う子供たちが少しだけ増えた。小さな女の子の手紙をとても気にかけていたUSPC社の極東担当の彼は、USPC社の社長になった。

そんな訳で、僕はトランプがどんなふうに製造されているかを見に行くことにして、USPCで働く人たちは、どんなふうにトランプが使われているのかをもっと知ることにした。つまり、僕がシンシナティのUSPC社の工場に招待されることになった。(つづく)
d0036427_1053455.jpg
USPC社の歴史は、1891年に始まった。大きな時計台がシンボルになっている。写真の右端に見える煙突は、その当時に石炭によってトランプを製造する機械を動かしていたときのもの。
by tomohiro_maeda | 2006-07-12 11:09 | その他
<< 凹凸 卵会議 >>
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧