プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




サンクス・ギビング
キムさんが大量の「コーン・ブレッド」を持って訪ねてきた。

「コーン・ブレッド」というのは、名前の通りトウモロコシの粉で作ったパンのこと。アメリカ開拓時代に小麦が栽培できるまでの間に、小麦粉の代用品としてトウモロコシの粉をもちいた。

アメリカでは、当時の開拓者を慈しむイベントで食べたり、サンクス・ギビング・デイに供されることが多い。僕がアメリカに住んでいた頃には、アナハイムのディズニーランドの中にあるアドベンチャーランドでもバーベキュー・チキンと一緒に食べることができた。

1600年代初頭に、アメリカ大陸に移民が住み始めたころは、寒さや食料難などで多くの人が命を失った。人々はアメリカの先住民であるネイティブ・アメリカンに、その土地の風土にあったトウモロコシの栽培の仕方などを教わった。その翌年の11月に、豊作を祝い、そのお礼としてネイティブ・アメリカンを招待して、食事を振る舞ったのが「サンクス・ギビング・デイ」のはじまり。毎年、サンクス・ギビング・デイには、アメリカの多くの家庭で、七面鳥、エッグノック、コーン・ブレッドなど、当時の食卓を再現する。

ほとんどのモノが容易に手に入る時代になっても、手に入らない時代を思い出すこと。そして、出会った人が、もし洋服を着ていなかったとしても、敬意をはらうこと。そんなことを思いながら、コーン・ブレッドを食べた。
d0036427_104965.jpg

by tomohiro_maeda | 2006-09-15 01:02 | その他
<< 慎重さ 規格外 >>
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧