プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




もとい、残暑お見舞いコメントマラソン
d0036427_2148789.jpg
真夏日がつづいておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

暑さしのぎと言っては何ですが、前回のエントリーのコメントに返信です。今回コメント返信できなかった方々、ご容赦のほどを。(タイトルとテキストを残暑見舞いに替えました。marionetto-3さん、ありがとう!)

†はるへ†さん
 一番にコメントをいただき、ありがとうございます。

†はるへ†さんのコメントは、いつも記号の使い方がキュートです◎

ホーリーさん
 僕も来客のときは頭を悩ませます。接待もしつつ、相手の好みに合いそうな料理を出すって、やっぱり難しいです。いいアイディアがあったら、コメント欄で教えて下さいね。

みゅうさん
 たしかに「食」は感性を直撃するから「あの店のアレが食べたい!」っていう思いは衝動的になりがちかも。外国からのコメント、カッコいい!

marionetto-3さん
 久しぶりのコメント、感謝です。深海の生物に詳しい小学生の女の子が同席していて、いろんなことを教わりました。そんなわけでみんな興味津々で盛り上がりすぎたかも……。marionetto-3さんもお元気そうで何よりです。

suzumenouta(紫乃)さん
 猫って記憶力がいいみたいで、2年ほど前にカメラのレンズを向けていたことを覚えているらしく、そんなに怖がりません。薄目を開けてコチラを一瞥したあと、また昼寝に戻りました。

ごまっちさん
 「毛皮を着て生きていく」ってどういう感じなのでしょうね。冬はもちろん暖かそうだけれど、やっぱりポイントは風通しのいい場所ってことなのでしょうか。うちのヒミツの定位置は「眺めがいい」というのがポイントのような気がしています。

shabbystyle-kaoさん
 「猫は自分の模様や母親の模様に似たパターンの異性にひかれる」って、ヘミングウェイ・ミュージアムの館長がインタビューで語っていたような気が……。ちなみにミュージアムには60匹以上の猫が暮らしているそうです。
ヘミングウェイ・ミュージアムのサイト

Kさん
 お褒めの言葉を頂戴して恐縮です。コメントを拝見してスタニスラフスキーが云った「人間の身体は楽器と同じで、常に正しくチューニングさせておかなければならない」という言葉を思い出しました。これからも変わらぬ応援をいただけたら幸いです。

mokoさん
 僕も未経験の食材がたくさんあります。食べ慣れたモノもいいけれど、新しく出会った食べ物が自分の口にあうと幸せですよね。

ヒミツの親子の昔のツーショット写真はこちら
左が僕が飼う前の名の無いヒミツです。

air-loveさん
 スゴい偶然!あまり好みではなかったモノが、意外に美味しかったりすると、少し得をした気分になり、ちょっと反省したりします。「マズいと信じていて、ごめん…」みたいな感じ。「もてなすのが楽しい」っていうコメント、僕もマジックをするときに似た感覚のような気がしています。

norikoさん
 僕は気に入った器は、一度に一客ずつに買っています。そしたら、陶器屋の女主人に「男性のお客さんは一客ずつ、女性は複数客を買うことが多い」と教えられたことがあります。norikoさんのコメントを拝見して、そんな男女の感性の違いを思い出しました。

NAOさん
 ヒミツファンはいてくれて、とても嬉しいです。これからもときどきヒミツの写真をアップしますので、よろしく応援して下さい。というよりも、カメラのレンズの何かに向けると、勝手にヒミツが写り込んでいるということがよくあります。ヒミツの生活はご覧になりました?(ジャンプすると音が鳴ります)

ネコマネキ印さん
 僕のマジックでは、猫は消えませんが、あまり悪いヤツだと里子にだされてしまうかも。数日に一度は爪を切っています。どこでバリバリやっているのやら…。今朝、ヒミツは母猫に窓越しに何故か「シャ〜!!」といわれていました。

k_motonariさん
 ハモは、ウナギの白焼きを淡白にしたような、穴子に似ているといえば似ているようなような…。骨切りと呼ばれる、細かい包丁の入れ方が独特の歯触りです。いずれにしろ細長い魚の味……かなぁ…。

rainbow_colourさん
 なるほど!お盆だから!最近、ヒミツの興味は蝉。蝉がミンミン鳴いていると木の上をいつまでもジッと見つめています。ときどき木に登ってみますが、野性味を失った飼い猫なのでモチロン捕獲はできません。

AAさん
 ハモブーム!なにか、あたらしいオリンピックのウルトラCみたな語感ですが、いろいろなモノが毎年ブームになるのですねぇ…。供給が追いついているのか、ハモの人口ならぬハモ口(はもこう)が気になります。

あこさん
 母猫は仔ネコ(ヒミツ)を育てていた頃は、少し強面(こわおもて)だったのですが、一匹のときは流石にのんびりした顔をしています。どこかにヒミツの兄弟姉妹がいるのかもしれません。

Erythroniumさん
 先日、京都に行ったときに差し入れでもらった仕出し屋のお弁当、とても美味しかったです。大文字の送り火、僕はまだ見たことはありませんが、きっと感激することだと思います。旅行ができないぶん、空が高く暑い夏を僕なりに楽しむことにします。

Aya_osdさん
 「むやみにあせらないこと」も人生を楽しむ秘訣だと思っています。ハモと巡り会わなくても、誰かに甘えていても、「大器晩成」という言葉があるように楽しみながら待つのが吉のような気がします。そういう僕もファンの人たちに甘えっぱなしのような気もしています。

yu-yuさん
 たくさんのエントリーを読んで下さりありがとうございます。コメントいただいたように、昨年同様、恒例のハモパーティでした。僕も母猫と再会したときは「元気だったんだぁ」と声をもらしました。普段は、どこでどんな生活をしているのやら…。

ささねさん
 コメントもモダンリビングの感想もありがとうございます。仕事を通じて友人になり、しばらくして、また仕事仲間になったりする。そんな幸せを日々喜んでいます。矢野さんとは今年もいろんなことでご一緒する機会も増えてきました。それはそれで楽しくなりそうな予感です。

Little Myさん
 かわいいハンドルなのに哲学的、文学的なコメントが素敵です。「人類愛を語るのは…」の一文は私は存じませんでしたが、スティッキーズ(デジタルなポストイットみたいなモノ)でディスクトップに貼っておきたいぐらいの金言ですね。「ナイスなタイミング金言」、またコメントで教えて下されば嬉しいです!

 前回より前にコメントして下さった皆様にも、エントリーを読むだけの方々にも、心より残暑見舞い申し上げます。お体ご自愛ください。
by tomohiro_maeda | 2008-08-15 23:59 | その他
<< プロダクト・デザイン 再会の準備 >>
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧