プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




2006年 07月 23日 ( 1 )
一期一会
屋久島での3日目。世界遺産に指定された区域では、ヤクザルの家族をよく見かける。この島は自然界に食べ物が豊富らしく、ヤクザルはあまり人間には興味を示さなかった。
d0036427_2342734.jpg
夜になると、道にヤクシカが現れる。意外に知られていないけれど、シカは夜行性。森林が豊富なのに、道路に出てくる理由は、「なだらかな斜面に生える草を食べにくる」というのは、ガイドのユウくんの話。ヤクシカは本州のシカよりも小さめ。
d0036427_23423683.jpg
山の道路のわきに車を止めると、街灯が全くないので星が驚くほど美しい。牛乳を流したようなミルキィ・ウェイもとてもよく見える。星が多すぎて星座がとてもわかりにくい。

しばらくすると、暗闇に目が慣れてきて、星明かりだけでいろいろなものが見えてくる。街中でも月明かりを明るく感じるときがあるけれど、星明かりというのは、はじめての経験。

21時をまわったので、永田の浜へ。昨日のエントリーにも書いたけど、産卵のために上陸する母ガメは光に敏感でストレスを受けやすいので、懐中電灯は無し。波の音にむかって、上陸中のカメを踏まないように、ゆっくり歩く。

産卵中のカメは、1〜2人の保護観察員が付き添っているので、すぐにわかる。彼らが持つ弱い光のLEDライトでみるウミガメは、想像しているよりも遥かに大きい。

生み終わった卵に、ゆっくりと入念に砂をかける。僕らが日常で見かける、どんな動物よりも大きい。母ガメは、浜に上がってから90分くらいで海に戻っていった。かなり感動的な光景。

ウミガメの卵は、砂浜を照らす太陽の熱によって温められる。卵からかえったウミガメは、太平洋をサンディエゴ沖まで1万キロ以上を泳ぐものもいる。

ウミガメのライフスタイルは、屋久島と同じようにスケールが大きい。
d0036427_2343546.jpg

by tomohiro_maeda | 2006-07-23 23:51 | プライベート
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧