プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




カテゴリ:その他( 179 )
拙者、親方と申すは
昔、ボイストレーニングを習っていたことがある。ちょっと体育会系の年配の先生。発声の練習だけじゃなく、呼吸法や腹筋や背筋も鍛えられた。

そんな中に「ういろう売り」というレッスンがあった。二代目、市川団十郎が1718年に初演した歌舞伎十八番の一つで、とても長い台詞を練習する。

「ういろう」といってもお菓子ではなく、銀色の粒状の薬。六百年以上前とほぼ同じ製法で今も作られていることを最近知って驚いた。説明書も昔ながらの言い回しで、「大人一回に一〇乃至二〇粒」「犬ねこには五〜二〇粒、鶏には一〜一〇粒を用う」などと書かれていて神秘的な感じ。

印籠(いんろう)も別売されており、「優雅な〜印籠容器」というキャッチもいい。

基本的に薬なので、薬剤師の指導のもと対面販売のみ。
d0036427_2231127.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-05-31 22:31 | その他
ペンで伝える。だからペンテル
d0036427_1612585.jpg
ぺんてるのサイトのPENTEL CITYにインタビューが掲載されています。ご興味のある方はご一読いただければ嬉しいです。
by tomohiro_maeda | 2010-05-27 16:07 | その他
オーデコロンミント
「オーデコロンミント」と名前が付けられたハーブがある。名前の通り、茎を揺らすと香水のような匂いがする。ずいぶん前に、大きな寄せ植えのポッドの端にマリーゴールドと一緒に植えておいた。ほとんど、ほったらかしているけれど、環境にあったのかたくさん増えて小さなブッシュになりつつある。

気をつけてはいるのだけれど、そのブッシュのそばを通るたびに、いつも数本の茎を意図せずに折ってしまう。水やりのホースを引っ掛けたり、剪定した枝をブッシュの上に落としてしまったり。

普段は放っているくせに、折ってしまうと香りをかいで、その香りのよさに「勿体ないことをした」と少し後悔する。

最近のお気に入りは、コップの水に折れたミントを投げ込み、テーブルのランプに下に置くこと。ランプを灯すたびに、手やスイッチのクサリが葉や茎に触れて僅かに香りが立ちのぼる。

天気予報を見たら、「雨のち晴れ」だった。
d0036427_204868.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-05-27 02:00 | その他
ピンポン
ガハクの版画が届いた。以前エントリーした絵画展で買ったモノ。こういった展覧会などで絵を買ってもすぐに持ってかえることはできず、会が終わると宅急便でなどで届く。すごい高い絵を買うと、画廊の人が届けてくれて壁にかけてくれる、と聞いたことがある。

たしかに、個展などで売れた絵をお持ち帰りしていたら、最終日に来た人は絵のない壁だけを見ることになってしまう。そんなときも、まぁ気分的には

「ボクの所有物だけれど、残りの期間中は、ほかの人々にも見せてあげたまえ。」

っていう優越感みたいないい気分と、

「すいません、絵を受けとるのは後ほどでいいので、絵を譲ってもらえますでしょうか?」

という気兼ね、などが混在した感じなのかもしれない……。

そんなことはさておいて、玄関の近くに飾ったら、想像以上にぴったりはまった「Ghost in my room」という作品。
d0036427_05315.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-05-20 00:06 | その他
緊急用ギフト
ショッピングをしていて、「これ、あの人にピッタリ」なんていうものを見つけたときは、それを買っておく。

けれども、そんなプレゼントを買い置きしておくと、思うようなタイミングで友人と会えず、家には会えない友人へのプレゼントが溜っていく。

だから最近は、友人と合う1週間くらい前にプレゼントを探す。そうなると、なかなか相手にピッタリのものが見つからない。

そんなふうに悩んだときは、フォトフレームを贈ることにしている。フォトフレームなら、コンサバティブなものからモダンなタイプまで、いろいろバリエーションもある。贈られたほうも、いくつもテーブルの上に飾ってもいいし、引き出しにしまっておいてもコンパクトで邪魔にならないからだ。
d0036427_037824.jpg
写真のフォトフレームは、カルフォルニアのデザイナー、Diane Markinによるもの。先日、プレゼント用にフォトフレームを探していたときに見つけた。海岸に打ち上げられたような、丸くなったガラス片がちりばめられている。
by tomohiro_maeda | 2010-03-15 01:14 | その他
再インストール
オフィスで使っているコンピューターが起動しなくなった。画面には大きな?マーク。そんなことを突然告げられても、画面を見ている人間の目も?マークに……。

ディスクチェック用のDVDで立ち上げたら、ハードディスクを認識していない。しかたがないから、ハードディスクを量販店に買いにいった。

3.5インチのSATA。もともとは250GB。今度はどれくらいの容量にしようか店頭で10分ほど悩んだ。さしあたっての候補は、250GBと320GB、500GB。リーズナブルなベアドライブ(箱に入っていないヤツ、もちろん新品)もあったけど、店の人に「動作保証できません」といわれて、スゴスゴとパッケージ商品にした。

ただ、パッケージの商品は、動作保証はしているから安心なのだけれど、中に入っているドライブのメーカー(日立とか、SEAGATEとか)が書かれていない。「聞いたことのないメーカーのドライブが入っていたらどうしよう」と思いつつも、福袋気分でレジに並んだ。

ちょっと前だったら、店の人に「このパッケージってドライブはどこのメーカー?」なんて聞いていた。でも、メーカーにまつわる都市伝説のような評判を信じる年齢でもなくなってきたので、最近はあまり店の人の手を煩わせないことにしている。

結局、250GBにした。プラッタ(中の金属の円盤)が一枚で、なおかつ(320GBにくらべて)記録密度が低いから、物理的、いや気分的に、クラッシュしなさそうな気がするから。

そんなチョイスが、やっぱり自分はオタクなんだと再確認した。

再インストールして、データやファイルをバックアップから復帰していたら、もうこんな時間。やっぱり、こんな作業は徹夜が似合う。

そういえば、INFILL VISIONが始まりました。モダンリビング誌で連載中のエッセイとあわせてお楽しみいただければ幸いです。
d0036427_5464090.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-02-17 05:47 | その他
最近ハマっているモノ
じつは最近、フラッシュライトに凝っている。フラッシュライトとは懐中電灯のこと。けれど、懐中電灯という言葉も旧くなっているので、この頃はフラッシュライトと呼ばれることが多い。フラッシュライトの世界も奥が深く、趣味で集めている人の中には数万円のライトを何点も持っている人もいる。

僕が集め始めたキッカケはこんな感じ。あるセレクトショップでフラッシュライトのウィンドウを眺めていたら、千円台から数万円のタイプまでが並んでいる。何を基準に選んだらよくわからないので、モノマガジンのような友人に「フラッシュライトで悩んでいる」と相談した。そしたら、後日スゴい高性能なライトを彼がプレゼントしてくれた。

最近は、LEDの進歩がもの凄いこと、エネループをはじめ充電式のバッテリーの性能があがったことなどから、フラッシュライトを集めるのが楽しくなった。手のひらサイズで驚くほど眩しい光を放つモノもある。

写真は、ずいぶん前に僕が買ったMAGライト。中身を専用のLED球とエネループに交換して、復活させることにした。アルミ合金製だけど、かなり重い。MAGライトのシリーズは、アクセサリーも豊富だから、アタッチメントを付けて非常灯にした。アメリカ製だから、しっかりと壁にハマっている。
d0036427_2243893.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-02-03 22:43 | その他
新旧
「衣紋始めの儀」に出席。今年の「御服始めの儀」は、白い十二単(じゅうにひとえ)。全てが白だから、十二単のディティールの美しさが際立つ。
旧くは、出産のときに白の装束を纏い、日がたつにつれて少しずつ着るものに色を入れていった。それを「お色直し」と呼び、現在の結婚式のお色直しの原型になったと聞いた。

昨晩、サンフランシスコでアップル社の新しいモバイル機器「iPad」が発表された。もちろん、新しい機能もたくさん搭載されているけれど、僕のお気に入りは電子書籍の閲覧機能「iBooks」。昔からある本という情報形態をできるかぎり損なわずに取り入れている。

夜中の3時(日本時間)から始まったこのイベントに現地で参加しているジャーナリストのツイッターを眺めていたのだけれど、メッセージが滝のように流れていく。

旧いモノと新しいモノ、両方を楽しむことができる。現在は過去と未来に挟まれている。そのことを僕は、とても不思議に、そして幸せに思う今日この頃。
d0036427_23442678.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-01-29 00:20 | その他
緊急告知
「魔法の扉 Magic with Life」(マツイ・ゲーミング・マシン)の発売を記念し、前田知洋のトークショウ&マジックレッスンを開催いたします。

丸善・日本橋店 3階ギャラリー
2010年 2月9日(火) 18:00 ~
by tomohiro_maeda | 2010-01-26 00:48 | その他
陽の光
d0036427_23101637.jpg
最近、感心したのはハンターダグラス社のブラインド。モダンリビング編集部のシミリエ姫に教えてもらった。2枚の薄い布で羽を支えているので、ブラインド特有の縦のテープやコードが無い。ちょっと見ると、羽が宙に浮かんでいるように見える。羽自体も薄い布で出来ているから、巻き上げるとロールカーテンのように収納されてしまう。

朝起きると窓を回ってブラインドを開けていく。今の季節は、日の出が少しずつ早くなってきているのが実感できる。夕方は、逆に締めていく。

まだまだ寒いので、ウチの猫のヒミツは日光浴に夢中。だから、僕がブラインドを調節するのをついてまわる。猫には、猫なりのコダワリの羽の角度があるようで、陽が部屋にうまく入らないと、不機嫌そうに小さな声で「クゥ」と鳴く。

バラも暖かくなる季節に向けて新芽を準備中。みんなが春を期待している。
by tomohiro_maeda | 2010-01-23 23:10 | その他
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧