プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




カテゴリ:控室譚( 129 )
美しい会場と美しい人々と
僕はショウで大切な要素はいろいろあると思っている。空間もその一つで、場所のアトモスフィアというか、そこでどんな人たちが、どんなふうに過ごしたかが場所にしみこみ、空気感に影響しているような気がしている。
なにも「高級で最先端な場所がいい」っていう短絡的な話じゃなく、古かったとしても人々に慈しまれた、ピッタリの大きさの場所でマジックをすると清々しい気分になる。

とある武道家の人たちが集まる会に招いていただいた。日頃、厳しい鍛錬をしている先生たちがマジックを観て喜んでくれる。僕は、真の武道家は本当の紳士であることを再確認した。スーツの着こなしも格好がいい。「喜んでくれる紳士」は演技者にとっては、じつに励みになる。

あとは、演技者の質が良ければ最高なのだけれど、こればかりは自分自身では善し悪しがわからない。だから、僕は観客の拍手を素直に信じることにしている。
d0036427_533495.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-12-29 05:33 | 控室譚
暑いから忘れました
友人からメールがあり

「辰巳さんの番組、明日でしょ!?」

すっかり告知するのを忘れていました。
(彼女は毎週ご覧いただいているらしく、僕は指摘されてようやく気がつきました)

番組について申し上げますと、先日のエントリーで紹介いたしました木村ふみさんがメインゲストの回(僕も出演)が
 
9/4(土)22:20~22:50
9/5(日)16:00~16:30(再)

僕がメインゲストの回(木村さんも出演)が

9/11(土)22:00~22:30
9/12(日)16:00~16:30(再)

チャンネルは、おもしろきれい☆10周年のBSフジ。

辰巳琢郎のワイン番組」 

ぜひご覧いただければ幸いです。
d0036427_22201842.jpg
告知を忘れたことに、愛猫のヒミツもビックリ。暑さのおりご容赦ください。
by tomohiro_maeda | 2010-09-03 19:11 | 控室譚
エッグケース
d0036427_22372445.jpg
先日、レモンの3個入りのビニールを片手に西新宿を歩いていたら、知り合いに

「なんか、ジモトの人の風情だねぇ」

と声をかけられた。

レモンはマジックに使おうと買ったもの。暑い日だったから、Tシャツにビーチサンダルだったせいもあるかもしれない。しばらくまえに、同じことを他の街でいわれたことがある。

「だってさぁ、レモンの3個入りのビニールを持って電車乗らないでしょ」

と彼女はつづけて言った。

なるほどねぇ。そのあと、彼女は何かを思いついたらしく、しばらく黙ってから、そのアイディアを僕に説明してくれた。

海外、特に有名な観光地などにいくと旅行者を狙う悪いヤツもいる。だから、彼女もできるだけ旅行者に見られないような格好をするらしい。

「卵のパック(12個入り)を片手に持ち歩くのよ!」

と彼女。たしかに、観光客は卵のパックは持ち歩かないだろう。

「それに、悪いヤツも卵をぶつけられそうで、近づかないでしょ!?」

彼女は自分のアイディアに自信満々の様子。

『でも、ブランドショップとかには入りづらくない?』と僕は心には思ったけれど、言葉にはしなかった。もし、彼女がそのフィールドワークを実行するならば、たぶん結末を教えてくれるだろう。

僕はヒヨコをつれて帰国する彼女の姿を想像して、勝手に面白がった。
by tomohiro_maeda | 2010-07-30 22:46 | 控室譚
トルコライス、カステーラ
d0036427_22222681.jpg
長崎に泊まった。街をブラブラすると、風情のある建物を発見。カステラで有名な「福砂屋(ふくさや)」だ。このお店、寛永元年(1624年)から続いているらしい。お土産に購入。

飛行機が早い便だったので、ブラブラしながら昼食を悩む。長崎チャンポンにするか、皿うどんにするか……。喫茶店で「トルコライス」なるものを見つけ、話の種にトライすることにした。お店の人に「なんでトルコライスという名前なんですか?」と聞いてみたけれど、「長年だしてますけど……、なぜしょうね?」と店の人もわからないようす。

ご飯ができるまでの間にネット検索してみるといろいろな説あるらしい。一つはスパゲッティの母国イタリアとサフランライスの母国のインドにカツやハンバーグが挟まれているから(トルコ共和国はイタリアなどのヨーロッパ諸国とインドを代表するアジアの中間くらい位置している)。

もう一つの説は三種類を意味する「トリコロール」から。僕は何となくこの説が有力な気がしている。もちろん、ほかにも様々な起源説が存在する。

とにかく、組み合わせの絶妙さで、きっと多くの子供が夢見るコンビネーション。美味しかったです。ごちそうさま、長崎!
d0036427_22224086.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-07-03 22:48 | 控室譚
白物家電
今日、量販店にいったら3Dテレビの体験コーナーがあって、試してみたらすごくキレイ。僕はどちらかというと、最新テクノロジーには半信半疑なほう。くだんの3Dの技術も、眼鏡をかけるタイプは、偏光式にしてもシャッター式にしても画面が暗くなってしまうのがウィークポイント。でもテレビなら劇場のスクリーンと違って輝度が高めだから、その場所(僕が見たのはグランドキャニオンの風景)にいるような迫力だった。

そんな寄り道をしたけれど、量販店に行ったのは新しいiMacのため。Intel Core i5でLEDスクリーンのマックが欲しいと、ずっと思っていた。家を出るときiPhoneで在庫を確認。「なんか、便利な世の中になったなぁ」と痛感した。(でも、テクノロジーに懐疑的だから、『ホントに、在庫が合ってんのかなぁ』なんて、思ったり…。でもちゃんと在庫あり。)

横浜の花月でお好み焼き食べて家に帰ると早速開封。カッターを探してたら、

「あ!ブログ用のネタに買って忘れてた」

と発見したのが写真の白い刃のカッター。

刃の部分が金属ではなく、ジルコニアセラミックでできている。ステンレスの300倍の耐久性があるらしい。確かによく切れる(ような気がする)。

とりあえず、エントリーできてホッと胸を撫で下ろした。
d0036427_227098.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-04-26 02:27 | 控室譚
わらしべ
d0036427_140515.jpg
藁蕊長者(わらしべちょうじゃ)という話がある。主人公がワラを物々交換して、最後は長者になるストーリー。誰しも一度は聞いたことのある話だと思う。もともとは今昔物語集で、結末に屋敷を手に入れたり、畑をもらったりと、いろいろなバーリエーションがあるようだ。

一緒に仕事をしている写真家の矢野信夫さんに反転遠近法を使ったアートをもらったことがあった。そのことをブログにエントリーしたら、NHKの人が読んで面白がってくれて番組に声をかけていただいた。

「サイエンスZERO 錯覚から迫る視覚の謎」 NHK(教育テレビ)

4/24 (土)22:00~22:35 

(再)4/30(教育テレビ)、5/1(BS2)

先日、僕は矢野さんにお返しに(ボタンを押すと傘が閉じる)傘をプレゼントして、話の顛末を説明した。矢野さんは「それはよかったですねぇ」とニコニコしながらいうと、ミラノに行ってしまった。(実はこの傘も母校で講演をしたときにいただいた2本のうちの1本)

僕の人生はいつもこんな感じ。行き当たりばったりというか、人に恵まれているというか。最後に何を手に入れるかはわからないけれど、とりあえずは、うまくいっている……気がしている。
by tomohiro_maeda | 2010-04-12 01:41 | 控室譚
夜のショッピングモール
 先週ほどは忙しくはないけれど、今週は移動が多い。友人と長野に行ってホウトウを食べたり、名古屋の鰻茶漬けを食べたり。名古屋から戻った日の夜に東京でパーティにちょっとだけ顔を出し、六本木ヒルズに新しくできた梅蘭で円形固焼ソバを食べた。

 とても寒い夜だったけれど、閉店した店ばかりのショッピングモールを歩いた。もちろん、買い物はできないけれど、これがまた楽しい。ブランドショップなどは、閉店後にしまる扉も素敵なことに気がついた。クラシックなアコーデオン式のアイアンスクリーンや、最先端の極細の軽金属のシャッターなど、普段店が開いているときには気がつかない外扉を観ることができる。夜11時近くだと、人通りもまばらだから、シゲシゲと見ていても、そんなには怪しまれない。

 身体が冷えてきたので、ツタヤ・スターバックスに寄り、「ジィソン・ボーン」のシリーズのブルーレイディスクがセールになっていたので購入した。

 この映画のシリーズ、今見てもとてもよくできていると思う。ロンドン、パリ、インド、ロシアなどと次々に舞台が変わっていく。伝聞なので定かではないけれど、主演のマット・デイモンは「もうこのシリーズは、シンドイからもうやらない!」といったらしい。アクションやスタントのシーンも多いし、撮影は数分のシーンでも何日もかかるだろう。

 でもきっと、本当にシンドイのは移動や食事やホテルの暮らしなんだろうなぁ…、なんてことを自宅のベットにねころびながら、勝手に想像して眠りについた。
d0036427_21122115.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-03-28 21:12 | 控室譚
タイトウイーク
英語では忙しいことを「tight」と表現したりする。本来は服などがぴったりと密着していることなどを意味する言葉。「タイト・スカート」やバレエのときなどにはく「タイツ」の名前の元になっている。

今週は、何故かいろいろなことが集中。連載の原稿の締め切りがあって、友人のリチャードと「ファンタジウム」の作者の杉本亜未さんの授賞式のプレゼンターを頼まれたり。「あっ!プレゼンター用のスピーチって、用意しとかないとマズいかも」なんて、舞台に立つ直前まで焦ってみたり。来日したリチャードと新しい本の打ち合わせをビッグボーイでして、今日の夜は矢野さんとキムさんと次回のINFILL VISIONの写真の選定。次の撮影のロケ場所の相談をして、タイトルを考える。

というわけで、写真もネタ無しなので、前回掲載したネコの別アングル。タイトなウイークのルースな(ゆるい)写真。
d0036427_1382526.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-03-23 01:40 | 控室譚
BFM
湘南ビーチFMのモダンリビングのコーナーに矢野さん、キムさんと出演。MCは、もちろん、竹下由起さん。竹下さんの番組の番外編ともいえる、笑いと涙の武勇伝はブログ「竹下由起の湘南日記」でも読むことができます。

今日の番組のテーマは、アート。最近注目しているアーティストはミヤケ マイさん。番組中に紹介したかったけど、話題をテーマからスゴくはずす人が若干1名いるので、いいそびれた。

写真は作品のひとつ、地震除けのお札。オフダという、現代では忘れられてしまいそうなモノをアートにしてしまう感性に、ただ、ただ感心した。なによりも、キュートであることがスゴイと思う。

3/9 ミヤケさんの「ネコカエル護符」も追加しました。家出したネコが戻ってくるお札。ウチのヒミツが家出したときのためにキープ。
d0036427_201669.jpg

by tomohiro_maeda | 2010-03-08 00:49 | 控室譚
ご参加感謝
丸善日本橋店でのトークショーに沢山の皆さまにご参加いただき感謝しております。質疑応答のコーナーでもナイスな質問の数々、とても楽しい時間を過ごしました。

もうしばらくすると、トークショー後のインタビューもアップされる予定です。参加した方も、参加されなかった方も楽しみにしていただければ幸いです。

ありがとう!
d0036427_1485138.jpg
ネコからもお礼申し上げます。
by tomohiro_maeda | 2010-02-11 01:49 | 控室譚
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧