プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




<   2005年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧
いいとも〜
みなさん、さっそくのコメントありがとうございます。
というわけで明日、松尾貴史さんのご紹介で
テレフォン・ショッキングに出演しま〜す。
d0036427_12593238.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-08-17 13:01
再会
今日は、関東大学奇術連盟のパーティに誘ってもらった。僕が学校を卒業したのは、もう一昔も二昔のことだけど、大学生だった頃の自分が何か懐かしくなって、お誘いを受けることにした。

3人の学生マジシャンのマジックをみたけど、沢山の観客の前で、みんな立派に演じていた。僕が学生の頃は、こんなに上手くはできなかったと思う。何よりも、マジックを見る、多数の観客の目がキラキラ輝いていたのが印象的。とても気持ちのいい人達ばかりだった。

実は、僕の母校の電機大学の今年の大学案内に、卒業生として写真が載っている。こんな仕事をしていても、学生募集の足しにと編集者から声を掛けていただいた。僕の上の写真は、直木賞作家の熊谷達也さん。ページのタイトルは「ちょっと意外な卒業生」。「ちょっと」どころか、だいぶ意外だと思うけど…。

でも、ちょっとだけ母校に恩返しができたみたいで、すこし嬉しかった。

↓掲載のお礼にいろんなグッズをもらった。特大ポスト・イットはけっこう便利。
d0036427_23732.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-08-16 02:48 | その他
荷物
ときどき「クロースアップ・マジシャンは荷物が少なくていいね」っていわれる。でも、皆が思っているより荷物が多い。

衣装も2種類、フォーマルとセミフォーマルを持っていくし、それに合わせて靴2組、シャツも2枚、ネクタイ3本ほど。マジックの道具も、シャンパンと専用のクーラーなどや、トランプやレモンなんかを合わせると結構な荷物になる。

シャンパンやレモンは現地調達すればいいと思うかもしれないけど、クライアントによってはシャンパンのブランドを指定されるし、レモンはどんなものでもいいというわけじゃない。詳細は秘密だけどね。

トランプも、常に新しいものを使うから、2ダースぐらい持ち歩く。けっこう重い。その他、マジックで使う道具はデリケートなものが多いから、ラッピングも重要。全部合わせると、小旅行ぐらいのバッグになる。

でも本当は、自分では持たないで、本番前には僕の手を気遣ってくれて、いろいろな人に持っていただくことも。

↓すぐに本番に入れるように、衣装をシワ無く持ち運ぶガーメント。2着スーツを入れるとけっこう重い。
d0036427_326439.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-08-13 03:32 | その他
ポップ・アップ
昔は「飛び出す絵本」っていったけど、今は「しかけ絵本」っていうらしい。僕は英語のPop-Up Bookの方がシャレていると思う。韻を踏んでるからかも。

ご存知のように、Pop(ポップ)は「ポップコーン」でお馴染みの「ハジケル」、Up(アップ)は持ち上げたり、上に移動させるっていう意味。カタカナで書けば「ポップ・アップ・ブック」。

先日、先輩マジシャンにプレゼントしてもらった「不思議の国のアリス」は、オーロラ・フィルムや透明フィルムなどの新素材と最新の折たたみ方を駆使したポップ・アップ・ブック。ストーリーとメカニズムが一体になって、まさに不思議の国。

「不思議の国のアリス」の原作者のルイス・キャロルはマジック愛好家でもあった。数学者であって作家、キャロルのバック・グラウンドや、アリスへの最初のプレゼントだった「Alice's Adventures under Ground」などについてはここが詳しい。

キャロルの元原稿が破棄されたことを発見したマーチン・ガードナーもまたマジック愛好家。やっぱり、マジシャンはこの本に特別な思い入れがあるのかな。

↓この本はポップ・アップ・ブックを作るためのポップ・アップ・ブック。いろいろな仕掛けの原理が解説してあって興味深い。
d0036427_22421410.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-08-10 22:43 | その他
アニメ
愛知の坂本さんから、いただきました。
ヤバい!
d0036427_0473823.gif

by tomohiro_maeda | 2005-08-10 00:49
北海道!
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、昨日まで札幌に行ってました。お客様、ホテルの方にも、とても手厚いもてなしをいただいて、ステキな北海道になりました。

先日のテレビ番組「チューボーですよ」のなかでも、「よく、タマネギをキツネ色に炒めて…ってありますけど、生のキツネを見たことないんで、よくわかんないです」って言ったのを神様が聞き入れてくれたのかわからないけど、初北海道。

先日のブログでは、なにか、サインは大変、外出禁止、みたいに同情を誘うエントリーしましたけど、やっぱり、ほんとは楽しいことありました。ご来場いただいたお客様も温かかったし、美味しいもの、沢山食べました。

今日はね、自慢です。グルメ自慢。まず、到着した夜にホテルのお寿司屋さんで、生ウニ、焼きウニ、アワビ、さんま、ヒラメ、エイの煮付け、などをいただきました。スゴい満足。

ショーの最後の夜に、ススキノの名店で、毛ガニ、海水ウニ、鵡川のシシャモ、ホッキ、ホタテ、などを堪能させていただきました。完全に満足しました。

あ、キタキツネ見るの忘れた…。

↓大きな看板の自分の写真と目があった。ありがたいけど、かなり照れくさい。
d0036427_2344481.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-08-08 23:15 | その他
健康のため…
前にもサインについてのエントリー書いたけど、2回目。

しばらく前に、宝塚歌劇団の演出家の先生とお話していて「サインって、何故か疲れるんだよね」といわれて「そうです!そう!」と相づちを打ったことがあった。そのときは、「やっぱり、心を込めて書いてるからかなぁ…ヘヘヘ!」なんて手前味噌なことを考えていたけど、今日、理由を発見した。

サインって、名前なのでやっぱり勢いが大事だと思う。小学校の頃、習字を習い始めた時のことを思い出してもらうとわかりやすいけど、息を止めて一気に書く。それを連続して100枚くらいやると、呼吸困難になった。はぁはぁ。

ほんとうは、サインを渡す人の目の前で書くのが一番だけど、イベントによっては時間がなくて事前に書いたものを渡すだけになってしまう。でも、一生懸命息止めて書いたものなので許してください。

↓今日も本当は、「ショーが終わったあと本場のラーメンでも…」って思っていたけど、「明日の分のサイン書き終わるまで外出禁止!」ってマネージャーにいわれた。書き終わったらエネルギー無くなって、ラーメンガイドの写真だけで我慢した。
d0036427_0732100.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-08-06 00:09 | その他
デジタルもいいかも
世界仰天ニュースの感想、たくさんコメントしていただいてスゴク嬉しいです。ご覧いただいた皆様ありがとうございます。番組放映直後に、こんな風にすぐに感想を拝見できる。やっぱり、デジタルな世界も捨てがたいです。

先日、5歳くらいの男の子の相手をしなくてはならなくなったのですが、いままで子守りをしたことが無かったので、少し困りました。たまたま、ブログ用にデジカメを持ち歩いていることを思い出し、それをオモチャがわりに遊ぶことにしました。デジカメなら、どんなに撮ってもフィルムみたいに無駄になりません。

彼にカメラを渡して、シャッターボタンの場所を教えて「何でも好きなものを撮っていいよ」と説明。ところが、意外にもなかなかシャッターを切りません。大人が使う機械って、わかっているみたいで写真を撮るのもスゴい慎重。結局20分くらいの間に、彼が撮った写真は2枚だけ。

子供はやっぱり、アーティスティック!
d0036427_2312657.jpg
d0036427_2313846.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-08-04 23:04 | プライベート
記念写真
あ、この記念写真をエントリーするのをわすれてました。
d0036427_22261523.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-08-03 22:27 | その他
仏の顔が三度ほど
ロンドンから帰ってから、蒸し暑いは、仕事は溜まっているは、旅行先へのお礼状を書いたりと、なかなかエントリーできない日を送っています。待たせて、ごめんね。

忙しいことを自慢するのは下品かも知れないけど、こんな一日を過ごしました。

午前中は髪の毛をカットしてセット。理由は↓

昼間に松尾貴史さんと月刊誌の対談と撮影。代官山のタブローズというステキなレストランのラウンジで。終了後、車内でカロリーメイト。

そのまま移動して、NHKで松尾貴史さんとラジオ番組の打ち合わせ。スタッフの人に「何でラジオなのに、メイクして、衣装着てんの?」と不思議がられました。

その後は、遅いお食事会を中目黒で松尾貴史さんと。

同じ人と三カ所で会う。何か不思議な感じ。底なしの豊富な話と紳士的な気遣い、松尾さんは何回逢っても、素敵な人。

↓というわけで、今日のエントリーは、本日のデザートのアイスで勘弁してください。
d0036427_334067.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-08-03 03:17 | その他
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧