プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
おはよう!
昨日は、仕事から急いで帰ってきて22時に就寝。アラームが鳴って、今起きたところ(午前2:00)。

なんか、ほとんどの人が就寝している、朝の暗いうちに仕事に出るのって不思議な感じだなぁ。今夜の特番の番組宣伝のため「ズームイン・スーパー」にでるために汐留へ。

というわけでマイスタからズームイン!
d0036427_2272694.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-29 02:25 | その他
密かな楽しみ
芸術的な議論や評論もいいけど、僕は絵画展や写真展に行ったとき、それら作品群に登場する人物の「手」を見るのが大好き。なにも芸術作品だけじゃなくて、旅行先やカフェでも、なにげなく他の人の手を観察するのが習慣になった。

いろいろな手があって、それぞれの人生を手が語っているみたいで面白い。西洋では握手の習慣があるから、いろいろな人の手を握る。手の柔らかさや握ったときの力加減、手のサイズなんかもいろいろ。

その人のライフ・スタイルや、気分を表現する手。手はとっても素直だと思う。

今日は、仕事の合間に30分だけ、森アーツセンターギャラリーへ。ダヴィンチの「レスター手稿」の何がスゴいかって、彼の論理的検証力。自分で推測して、自分に反論。仮定を立てたら、堤防を設計するため、水流の中に様々な形の模型を、ドンドン沈めてゆく。空気の色について知ろうとした彼は、4000メートル級の山にも登ってみる。

そんなダヴィンチによる「手」の素描↓(英国ウインザー王室図書館蔵)
d0036427_2523560.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-28 03:08 | プライベート
ラブレター
封筒を開けたら、2つの輝くハートマークと「I LOVE YOU !」っていうメッセージ。「あ、フェルトペンが届いたのかなぁ…」と想像しながら、メッセージの書かれたカードを眺めると、色紙の破片や銀色のラメ、笹に似た葉っぱも入っている、とても柔らかい手透きの紙。

たぶん、10年以上前のことだと思うけど、東京アメリカンクラブというプライベートクラブでパーティがあった。この建物は元々ソビエト大使館で、いまはアメリカの文化交流のためのクラブっていう不思議なところ。

そのパーティがキッカケで「KIDS EARTH FUND」を知った。「アートを通じて、子供が子供を助ける」っていうコンセプトに共感。世界中の子供たちが描いた絵画の展覧会を開催したり、絵本やポストカードにして、その収益で紛争地域などの恵まれない子供たちに、画材や医療、救援物資などを支給している。そういったコンセプトに賛同して、ジョルジョ・アルマーニやバカラ、ハーマンミラー社、ユナイテッド航空なども協賛している。

ときどきで微力だけど、パーティに参加したり、ショーで募金のお願いとかをしている。なにしろ「子供が子供をたすける」っていうコンセプトだからね。届いたラブレターは、そんな協力のお礼だと思う。

ほんとうは、心が救われているのは僕たちなんだけれどね。
KIDS EARTH FUND
d0036427_22292397.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-26 23:05
延期の喜び
今日は、プライベート・クラブの誕生月昼食会にお邪魔した。そのあと、別の部屋でメンバーの人と歓談していたら、テーブルのデザインの素晴らしさが目に止まった。尋ねると「テレンス・コンラン卿のデザイン」とメンバーシップ・ディレクターが教えてくれた。大きな4つのテーブルの木目がぴったり合わせてあって、16人くらいが同時に座れるサイズ。

そういえば、クラブに掛けてある絵画がほとんど変わっていた。そのすべてが画家であり造形作家、建築家の「ル・コルビジェ」の作品。世界四大巨匠の建築家としてだけでなく、LCシリーズで出したイスやソファは世界中で愛されている。

クラブ内をグルっとまわって、全部で30作品ぐらいを観ながら、途中、クラブのライブラリーによって、写真と本物を見比べてみたりした。色がね、印刷物とは全然違う。

今回一番好きだった絵画は鉄板にエナメル絵の具で描かれた自画像。赤がキャンバスに塗られたものに比べて黒っぽい。だけど鮮やか。

本当は夕方、ダヴィンチの「レスター手稿」を見に六本木に行こうと計画していたんだけど、「偶然見る事ができたコルビジェ作品群」で満足。アートは食欲と似ているのかもしれない。

ダヴィンチはこの次に。でも、ワクワクする楽しみが増えた。
d0036427_044262.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-25 00:11 | その他
グリーン・ハンド
旅行から戻ると、またいつもの生活時間に戻るんだなぁ、と感慨深く思いながらのエントリー。今日は「手」についての話。

「グリーン・ハンド/緑の手」って単語、ちょっと想像すると「宇宙人の手」みたいなものを考えてしまうけど、イギリスではチョットした褒め言葉。「彼女はグリーン・ハンドを持っている」なんてフレーズで使う。

これは「植物を育てるのが上手な人」っていう意味。不思議だけれど、同じ鉢植えを買っても、上手に育てられる人と、うまく行かない人がいる。ちなみに、僕の手はグリーン・ハンドじゃない。僕は理科系なので「窒素、リン酸、カリが何パーセントで…」なんて考えすぎて、上手にそだてられないタイプ。上手な人は「水をやってるだけよ(ハートマーク)」なんて、さらりと言ったりしてカッコいい。

世の中に素敵な人はたくさんいるんだなぁ。

9月23日追加:ごめん、ごめん「グリーン・フィンガー」かも…。
d0036427_4333598.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-23 04:39 | その他
英語でコミニュケーションをとるには?
流石、DancingFujisanさん、柔軟な発想と博識ぶり。前回は、100個目のエントリーでした。100はローマ数字の表記で「C」になるので、そんなタイトルに。

それと、同時に訪問者数が50,000をこえました。皆さん、本当にありがとうございます。

先日、NHKの英語の番組に出演した事もあって、「マジックはどうしたら、うまくなりますか?」っていう質問より「英語でコミニュケーションをとるには?」って質問のメールがふえました。

僕の経験が役に立つかわからないけど、学校で習わなかったことはこんなこと。

日本語でも、英語でもコミニュケーションの力は同じ。文章や文字でもそうだけど、短いセンテンスで、何を伝えたいかを相手に理解させる力がある人は、外国語の上達がはやいみたい。簡単に書くと、日本語でも相手の感情や考えを想像しながらキャッチボールできる人の方が、スムーズな会話ができるような気がする。最終的には、相手に理解してもらう事が目的だから。同意ってことじゃないにしてもね。

でも、言葉に詰まったら無理して何も言う必要はないと思う。「黙る」って行為も、コミニュケーションにとっては大切な役割。

↓マジシャンの意図を理解しようとしている、模範的な観客の例。
d0036427_21394311.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-21 21:44 | その他
「英語でしゃべらナイト」の感想のコメント、どうもありがとう。読んでいて、みんな応援してくれているんだなぁ…って思えて、とっても嬉しかった。感謝です。

バケーションも、もう終り。まだまだこの島にいたいけど、たぶん、1ヶ月滞在していても同じように感じるだろうと想像して、あきらめる事に。

滞在しているホテルでたくさん見かけるプルメリアって、花が「ポトッ」ってそのまま落ちる。散るっていうより、綺麗な花がたくさん地面に並べてある感じ。この国の人は、その花を集めてレイを作ったりする。そんなレイを首にかけると、熱くなった首筋が、ちょっとヒンヤリして気持ちがいい。

またね!
d0036427_3571286.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-20 04:06 | プライベート
Hotel Property
最近のアメリカ系のホテルでは、メールチェックやエントリーなど、インターネット回線を利用するときはWi-Fiを使う事が多くなった。「Wi-Fi」というのは、ワイアレスでホテルのローカル回線にアクセスする技術の愛称。簡単に書くと、ケーブルを接続しなくても、インターネットにつながる。

だから、ホテルの滞在客は、バーやレストランでラップトップ・コンピュータで、のんびりとメールを打ったり、自分の国のニュースをチェックしたりしている。

ところが、メールチェックをしようとラップトップを開いたら、昨日まで使っていたホテルのWi-Fiがダウンしていた。電波は受信するんだけど、全然つながらない。ラップトップをテーブルにのせている他の滞在客に視線を合わせると、手の平を上に向けて両手を広げる。「ワケが分からない」のゼスチャー。まぁ、リゾートだしね。

たぶん、日本までの回線は、途中で地球の軌道上に浮かぶ通信衛星を使っていると思うんだけど、空を見上げたら月の光が明るかった。

しょうがないので、夜の散歩に予定変更して、カエルと月明かりの砂浜の撮影↓。
d0036427_0105069.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-19 00:16 | プライベート
今日は
気温 28度 湿度 60% 風速 2m 天気 晴れ
白い石を2個ひろった。
d0036427_191510100.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-17 19:18 | プライベート
ありがとう
今日は、カフェに入ったら池に蓮の花がたくさん咲いていた。そこで、4〜5人の子供たちが、魚釣りをしていた。みんな派手な色のついた釣りザオを持っている。よく見ると、一人だけが木の枝をサオ代わりにしている。でも木の枝の彼も同じように魚を釣っている。よく釣れる。釣り竿を持っている子も、持っていない子も同じように楽しんでいる。そんな彼らをボ〜ッと見ていたら、日が暮れた。

皆さんのコメント、読むのが一日の楽しみに。本当にありがとう。とっても嬉しいです。いろんなコメントがあって、感想も人それぞれ。昨日のエントリーのコメントを読んで、友情とか人とのつながりについて、いろんなことを思いました。

そんな皆さんに感謝を込めて、お花をどうぞ↓
d0036427_2025888.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-16 20:03 | プライベート
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧