プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




<   2005年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧
タクシーの運転手とニワトリと魚
今日、タクシーに乗ったらスゴいおしゃべりな運転手だった。そのうえ、運転手に携帯電話がよくかかってくる。運転手に話を聞いてみると、こんな奇妙な話。

タクシーの運転手の友達が、仕事がなくて仕方なく、賭博を開くことにしたらしい。それも、闘鶏。いわゆる、ニワトリを戦わせるやつ。やっぱり、警察に踏み込まれて逮捕された。最近は携帯電話があるので、その友達が逮捕されたニュースは、友人たちにすぐに広がった。逮捕されたのは、運転手のむかしのギャンブル友達だったらしい。

そんな友人たちは、タクシーの運転手である彼に、電話をかけて「もう子供もいるんだから、まじめになりなよ」と忠告する。そういう電話が運転手にひっきりなしにかかってくる。携帯が鳴るたびに、運転手は「心配はうれしいけど、もうまじめに仕事してるよ。いまもお客をのせて運転中」みたいなことを言う。

その運転手の彼が、真面目になれたのは、そういう心配をしてくれる友達のおかげでもあると思う。やっぱり友達は財産。

↓写真のアヒルは、魚の餌入れ。パンを乾燥させて脱脂したもの。人間の食べるパンは魚にはあまり良くない。魚にも優しく。
d0036427_2356291.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-16 00:00 | プライベート
ショッピング
まだバケーション中。日頃は、衣装だとか、仕事のための買い物に追われることが多いので、やっぱり休み中は個人的な買い物。それも「何の役に立つの?」っていう、「自分にとっては大切だけど、他人にとってはくだらない物」が欲しくなった。

前から、なんとなく欲しいと思っていた石像を買いにいこうと決めて、車で石像屋さんへ。もちろん石像なんて買うのは初めて。僕が欲しいのは、宗教色の強くないデザインのもの。仏像だと、毎日お供え物をしないと行けないような気がするし、放っておくとバチが当たりそうだから。

テイクアウトが出来るかどうか、店先でちょっと持ち上げさせてもらったんだけど、50センチぐらいの高さの物で30キロぐらいの重さがある。僕が気に入ったのはもう少し大きくて、100キロ弱。やっぱり、石は重い。そういえば、子供の頃に触った「漬け物の石」は、一抱えで結構な重さだったのを思い出した。

テイクアウトはあきらめた。でも、いろんな石像を持ち上げてみて運動になった。
d0036427_12131093.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-15 12:14 | プライベート
ハト
先日、菅野美穂さんとご一緒したとき、「マジック用のハトって、普通のハトより小さいですよね?」って聞かれて、「たぶん、街にいるハトより、原種に近いんじゃないでしょうか」なんて話を、収録の合間にした。今日偶然、そんな種類のハトを見つけたので、パン屑でおびき寄せて、デジカメで撮った。サイズはマジック用のギンバトとほとんど同じ。白くないだけ。テキトーな答えも、ときどきは当たるみたい。

友達に誘われて、スポーツクラブへ。誰もいなくて貸し切り状態。プールで「集中力がある人は、水の中でアグラをかいて浮かんでいられるって、黒柳徹子さんが言ってた」とその友達がいうので、挑戦して遊んだ。黒柳女史の言だしね。そのあとドライサウナで、焼けた石にジャンジャン水をかけて、蒸気をバンバン出して汗を流した。きもち〜。

今日は3時間かけて食事をしようって決めて、みんなで海辺のイタリアンレストランへ。釜焼きのピザとビール。3時間食べたり飲んだりしたら、みんな食べ過ぎて苦しくなった。早々に散会して11時くらいにベッドに入ったけど、1時くらいに目が覚めたので、メールチェック。

NHKのアナウンサーの友達からメールをもらって、「先日は半ズボンで、すごい変身ぶりでしたね」って書いてあった。身に覚えがないので、すぐに返信して3回目のメールでやっと別人ということが判明。

今日の仕事は、メールチェックだけ。バケーションの初日としては、悪くないかなぁ。
d0036427_347843.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-14 03:50 | プライベート
中身?外身?
「どんなときにマジックを思いつきますか?」って質問、前のエントリーで書いたけど、大切なのは、思いついた後どうするか?ってこと。

ずいぶん前は、アイディア帳みたいなノートを持ち歩いていた。だけど、いろんなところに置き忘れてしまうので、とりあえず記憶しとく。でも、やっぱり今は情報過多の時代だから、思い出せないことが多い。

それじゃてことで、その辺の紙にアイディアをとりあえず書いて、家でノートに書き写す。こんな感じ。白い紙はマクドナルドの袋だけど、中身を食べたのは僕じゃなくて、超多忙のこの人。某ブランドの封筒は、たぶんマネージャーの買い物、車の中に落ちていた。

でも、僕にとっては大切なのは、中身じゃなくて外身に書かれたアイディア。実際に形になるのは、ほんのごく僅か。
d0036427_22491599.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-10 22:53 | その他
1時間だけのリゾート
やっぱり、忙しいのはありがたいけど、ストレスでいっぱいになる事も。そんなときは仕事の微妙な間に、車で海岸へ。デートで来ているカップルや、海の近くのレストランなんかを見ながら、波の音を聞いたり、潮風を受けていると、ちょっとだけリゾート気分。ストレスから解放される、1時間くらいだけのリゾートだけど…

3年前くらいは、秘密の浜辺で潮干狩して、家でアサリのパスタなんかを作ったりもしたけど、爪がボロボロになるのでマネージャーから禁止令が。とってきたアサリは砂をはかせた後、海水から出してストレスを与えると、コハク酸の影響で旨味が増すそう。「24」のビデオなんかをかけたテレビの前にアサリを放置すると更に旨味が増すような気がするが、それは「都市伝説」かも…。

とれたてのアサリって身が半透明の白い色をしてる。貝殻もスゴく綺麗な模様。

また行きたいなぁ。
d0036427_335857.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-10 03:05 | プライベート
FAQ:スケジュールはどう管理していますか?
たくさんの台風14号の被害。とっても心配です。

どんなスケジュール管理をしていますか?というご質問ですが、ご指摘の通りマネージャーにすべてお願いしています。というのも、今日の一日は、こんな感じ。こんなペースでは、予定を自分で管理は無理のような気がします。

13:16 スタジオ入り。台本の変更部分の調整をディレクターと。

13:35 カメラリハーサルのためのマジックの準備。

13:50 メイク。

14:05 カメラリハーサル開始。

16:03 カメラリハーサル終了。すぐに、ザ・テレビジョンとTVガイドの取材。二人とも素敵な女性記者。

16:25 番組宣伝番組の取材と撮影。

17:00 ディレクター、プロデューサーと最終打ち合わせ。

17:40 美術さんが制作してくれた新しいテーブルで、練習。

18:03 本番用の衣装に着替え。本番用マジックの準備。

19:05 別番組のドキュメンタリー用の撮影。

19:30 マジックの準備の続き。スタジオに遊びにきてくれた友人に挨拶。

20:10 本番開始!!

23:50 撮影終了。

0:30 片付けて、着替えて、洗顔して、スタッフの皆さんにご挨拶。お疲れさまでした。

1:05 中目黒のレストランへ。ラストオーダーに5分遅刻。

3:00 帰宅、ブログ更新とメールチェックとサイトのニュース更新。

4:03 おやすみなさい(予定)。

いつもたくさん、僕の健康を気遣うコメントありがとうございます。不規則な生活だけど、アレを飲んで、皆さんからの優しいコメントを読んで、元気ハツラツです!

というわけで、秋の特番、9月29日(21:00〜22:54)、日本テレビで放送予定。ゲストは素敵な3人です。お楽しみに!
d0036427_352865.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-08 03:54 | その他
近くて、遠いもの。遠くて、近いもの。
昨日のエントリーにつけていただいたDancingFujisanさんの「ああ、日本はいい国だなあ」っていうコメント、ちょっと心の琴線にふれました。触発されて、今日は建築についてのエントリー。

ちょっと前までの日本のメディアって、やや左翼寄りだったから、西洋賛美みたいな風潮はたしかに存在していたし、自分たちの事を謙遜せずに「いい」っていうのは、いまでも責任と勇気がいると思う。

それでもやっぱり、日本はいい国だと思う。もちろん、環境や政治や経済にしても問題点はたくさんあるけど、誇れることもたくさんある。特に建築、アート関係は海外での評価は高い。

たとえば、遠近法はレオナルド・ダ・ビンチ(1452-1519)が「最後の晩餐」を描くのに用いて有名になった。絵画や建築の世界では遠近法を発見したのは、イタリアのフィリッポ・ブルネレスキ(1377-1446)だっていうのが定説になっている。ところが、日本の鶴岡八幡宮(鎌倉)の参道の設計には遠近法、つまり目の錯覚が効果的に使われている。参道は海側が低く幅が広く造られ、終点の本殿側が盛り土をされて高く狭く造られていている。これは参拝者が海から本殿を見たとき、とても遠くに、巨大な本殿が立っているように見えるように遠近法を利用した錯覚。

現在の配置になったのは1191年のことだから、ブルネレスキの発見より200年くらい前のことになるかもしれない。(ちなみに現在の八幡宮の本殿は1828年に再建)。

この遠近法と八幡宮の話は、外国人向けの英語のガイドブックに載っていて、日本人でありながら最近まで聞いた事がなかった。

ブルネレスキより日本の大工の方が早く遠近法を発見したっていう物証や歴史的な議論は専門家に任せるにしても、とりあえず、イタリア人も日本人もスゴいなぁと思わずにはいられない。

錯覚を使うのはマジシャンだけじゃない。
d0036427_428183.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-05 04:31 | その他
秋が来て
皆さんから3ヶ月目のお祝いのコメントをよせていただき、ありがとうございました。ブログ開設をして、のべ40,000.人の方に遊びにきていただきました。感謝いたします。ニコライもコメントを盛り上げてくれたり、エントリーの校正、おつかれさま。これからも、よろしくね。

今年の夏の話題はいろいろありましたが、中でも「クールビズ」の話題は個人的にけっこう面白かった。賛否両論あると思いますが、地球温暖化の心配や、デスクワーク専門のホワイトカラーの皆さまには良い方向転換だったのではないでしょうか。

もちろん、こういった服装マナーについては、昔から言われているようにTPOだったりします。正式な席でクールビズっていうのも、なんだかなぁって気が。

テレビ番組でご覧になった方もいると思いますが、僕個人としては「クールビズ=ノーネクタイ」だったりします。テレビの番組が「マジシャンとしての正当な場所なのか?くだけた場所なのか?」は、よくわからないのが正直なところですが…。

しばらく前に「省エネ・ルック」といって世間に認められなかったものが、「クールビズ」だとけっこう流行った。やっぱり時代とともに価値観が変わっているのかな。

↓大使館の昼間のパーティのドレスコードは「シティ・カジュアル」。ネクタイとジャケットで、ってこと。
d0036427_0343481.jpg

by tomohiro_maeda | 2005-09-03 00:36
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧