プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




<   2006年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
セリフ
「お好きなときにストップといって下さい」

このセリフ、僕はマジックの中でよく使うフレーズで、たぶん何千回も使ってきた。

先日、人にいわれてチョットだけギョッとした。

というのは、僕は誰かのマジックを見ていたわけではなく、友人と海辺のレストランでランチを食べていたときの話。店の人が、お茶をついでくれるとき、何気なくいった言葉。

ふいにいわれて、僕が「ストップ」をかけなければ、器からドンドン溢れてしまうお茶を一瞬想像した。でも、器の縁までお茶が満たされれば、僕が「ストップ」といわなくても、その店員は注ぐのを止めると思う。たぶんね。

このセリフ、人にいわれて自分が「ストップ」というときは、けっこう緊張する。

僕のマジックでストップをいってくれた人、緊張させてゴメン。
d0036427_418287.jpg

by tomohiro_maeda | 2006-02-10 04:20 | プライベート
リフレクション
今日はテレビをダラダラ観ながらエントリー。最近見はじめた、ケーブルテレビの「Animal Planet」という動物モノ専門チャンネル。

このチャンネル、ナレーションがタイピングの邪魔にならない。マジックの資料をまとめたり、インタビュー原稿の文字校正をしていて、ちょっと文章に行き詰まると、ときどき画面に目を向ける。

昨日は、犬のオヤツの料理番組(海外には動物の食事専門のシェフという職業があるらしい)だったし、今は救出された野生のコアラが映っている。野生のコアラが激しく吠えるというのを初めて知った。

このチャンネルでは、動物だけでなく様々な個性的な人が登場する。可愛い動物をペットとして愛する人だけでなく、爬虫類や猛獣を愛玩する人、世界各地で馬や犬と共同生活してきた人間の歴史、絶滅の危機にある野生動物を守ろうとする人、動物の研究に人生を捧げる人など。動物の多様さに負けないくらい、人間も多様だ。

僕は動物のことについては、あんまり詳しくはなれなかったけど、人間の熱意や探究心については、ちょっと詳しくなったような気がした。
d0036427_5441966.jpg

by tomohiro_maeda | 2006-02-08 05:46 | プライベート
年度末工事
今日は歯科医院にいって、歯の治療。ずっと行っていなかったので、奥歯の詰め物がとれかかっていたり、いろいろなメンテナンスを一気にしてもらう。

普通、歯科医院では、削ってまた今度、詰め物をしてまた今度、という具合に、なかなか治療が進まないので、いままで、僕は歯科医院に向かう足が重かった。

でも、この病院の先生は、僕の仕事やスケジュールをよく知っているから、可能な限りすべての治療を一日で完了させてくれる。とってもありがたい。

でも、このやり方、あんまり勧めません。というのは、削るのも詰めるのも、複数の歯を治療するのも、連続して一気にやるので、痛みなどのストレスも倍増する。仕事がある日は麻酔も少量にしてもらう。やっぱり、歯の治療は日にちを空けて、ゆっくりするのがいいみたい。

治療が終わって、家に戻る途中、近所で工事をしていた。火花を散らして金属を削る音を聞いていたら、さっきの治療を思い出して、歯が痛みを思い出した。
d0036427_3475315.jpg

by tomohiro_maeda | 2006-02-07 03:47 | プライベート
キャット・ダンス
雨上がりの玄関先で、ネコがダンスを踊った足跡を発見した! 歩幅と肉球の跡から察するに、デカいネコに違いない。ニコライんちのネコ?

というわけで、ニコライ(とニコライのネコ)専用カテ。
↓クリックで拡大!
d0036427_4213960.jpg

by tomohiro_maeda | 2006-02-04 11:20 | ニコライ専用カテ
グレイ・スケール
学生の頃、外国のマジックのレクチャーノートやトリックの解説書の翻訳のアルバイトをしたことがある。文章や数が限られたイラストでトリックを理解するのは、なかなかスムーズにいかない。翻訳作業は、トランプを片手に、著者の意図を読み解きながら翻訳を進める。

僕自身も、トリックの解説をときどき書く。翻訳するのも大変だったけど、ゼロから執筆するのも、また難しい。そんなときに解説の助けになるがイラストだけれど、イラストを描くというのもこれまた簡単ではない。

イラストを描くために、右手にエンピツを持ち、左手でトランプを持つ。ところが、この方法だと左手だけを描くときにはいいけれど、右手や両手の動作を描くときに困ってしまう。

コンピューターとデジタルカメラを使うようになってから、こういった作業は驚くほど簡単になった。

もっと簡単なのは、写真を使うことだけど、僕は写真を使った解説はあまり好きではない。写真のコントラストや階調が、印刷によって見づらくなることが多い。写真からイラストをおこすことによって陰影や色の数を減らしたほうが、読者にとっては考案者の意図した手の動きが理解しやすくなると思う。

情報量を減らすことにより、必要な情報のみをストレートに伝えること。手間をかけて、シンプルにすること。いまのところ、インターネットがどんなに普及しても、紙に印刷された活字が無くならないは、そんなことも理由の一つのような気がする。
d0036427_22462644.gif

by tomohiro_maeda | 2006-02-03 22:53 | その他
66
まだまだ暖かくなるには後一歩ってところ。皆様いかがお過ごしでしょうか?

最近見つけた、新しい書店。建築、デザイン関係の洋書や和書が、スゴい充実しているだけでなく、朝の4時まで開いている。0時を過ぎても、店内では、たくさんの人たちがゆっくりと本を選んでいる。僕は、この書店を「ロクロクの本屋さん」って、呼んでいる。六本木六丁目にあるから。

僕の仕事は、帰りにチョットどこかでショッピングと思っても、ほとんどのお店が閉まっている。だから、今までは仕事の前にショピングしてたんだけど、そうすると、やっぱりブラブラ買い物ってゆっくり出来ない。気分のON、OFFの切り替えは、なかなか難しい。この書店を見つけたときは、かなり嬉しかった。

買い物を済ませ、本を抱えて外に出ると、深夜の幻想的な発光ダイオードと幸せそうな道行く人たちとスレ違う。そんなことが、夜更かしの罪悪感を感じさせない。

街に優しくされている気分。
d0036427_2425284.jpg

by tomohiro_maeda | 2006-02-02 02:45 | プライベート
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧