プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ヒミツ「ステイ」
友人の壽里竜さんが新訳本を送ってくれた。彼の訳した本は、いつもワクワクする。彼の近況を知らせる手紙が同封されているのが、なによりも嬉しい。カフマンの「世界のカードマジック」おススメです。

3月に公演する「奇跡の指先3」のテクニカル・リハーサル。共同テレビション+砂塚商会+トリプルエイの合同プロジェクト。お楽しみに!
d0036427_2252898.jpg


夜は、キムさんとその友人のソウル・シンガーRAMJAさん、アフリカンハープ奏者の川岸宏吉さんと夕食。3人で愛猫自慢をしていたら、ペットを飼っていないキムさんは、かなり遠く冷ややかな眼に…。

というわけで猫自慢ですが……、最近のヒミツは「ひたすら待つ」ということを覚えたようです。メールの返事を書いていても、待つ。原稿チェックをしていても、ブログを更新していても、イスの下でスタンバイ。そんな姿がケッコウ、ケナゲです。
d0036427_240034.jpg

by tomohiro_maeda | 2008-02-26 02:19 | プライベート
嫌いな相手を突然好きになる
僕は測定器具というのがあまり好きではない。

子供の頃は、みんなで参加する健康診断もゲーム感覚で、身長は何センチだとか、握力がいくつ、垂直跳びは何センチだとかワイワイと楽しかった。

でも、大人になると、そんな数値がプライベートなものになってくる。身体の特徴は人それぞれだし、「数値が○○だからダメ」っていうのも家庭では短絡的すぎるような気がする。

だから、あるのは昔ながらのガラスの体温計ぐらいで、ウチには血圧計も無ければ体重計もなかった。

つい先日までは……。

友人から、多機能体重計をプレゼントされた。折角なので、と先の主義に反して素足で乗ってみた。そしたら、身体年齢がかなり若く表示されて驚いた。

「はは〜ん、買ってくれたお客様に、コビを売ってやがるなぁ」と時代劇の岡っ引きのような疑心暗鬼な気持ちがよぎる。なにか、機械の中に「人を幸せする回路」みたなモノが、販売促進のために組み込まれているような妄想も浮んだけれど、ここは素直に喜ぶことにした。いちおう理系だしね。

いままで嫌いだった相手を好きになる、そんな気分を味わった。けれど、次に測定したときに「ごめん、前回はウソでした。本当は60才です」って表示されそうな気がして、しばらくは乗らないかも知れない。

でもやっぱり、そんな機能が面白いから、エスプリのわかる知人にも同じ体重計をプレゼントすることにした。「コレ、こわれているよ!」と僕にクレームがこないことを願って。
d0036427_2493470.jpg

先日のエントリーへのコメント、感謝感激です。皆様からのバーチャルなチョコ、とても心に染みました。ありがとう。
by tomohiro_maeda | 2008-02-20 02:55 | プライベート
バレンタインデー顛末
 スターバックスでラテを頼んだら、「バレンタインなので……」とハート形のチョコレートをもらった。この時期にスターバックスにいった人なら知っていると思うけど、別に秘めたる思いを告白されたわけじゃなく、キャンペーン。

 ところが、一日に一杯とというわけでもないので、このチョコ、1回目は「ありがとう」とニコやかに受け取れるけど、2回以上になると「あ、さっきもらったからいいです」とは少し言いづらい。ポケットにキープしておくのも、チョコだしね。

 こんなふうにエントリーを書くと、さぞ沢山のチョコをもらっているみたいに思われるかもしれないけれど、今年のバレンタインは、2個。それも、一つには「ヨドバシカメラ」って印刷されていた(これは、店でもらったわけじゃなくて、もらった人が僕にくれたんだと思う。たぶん、単価70円くらい)。

 もう一つは結構嬉しくて、「宇宙食 チョコケーキ」と「宇宙食 キムチ」の組み合わせ。両方ともフリーズドライされたもので、パッケージも月面着陸で、ナイス!!

 それでも、よく考えたら両方とも告白には、ほど遠いから、「スタバのチョコもカウントするべきかも……」って思い始めた。

「チェ……、でも、ブログのネタになるからいいや」と、自分で自分に負け惜しみを言った。
d0036427_2083191.jpg

by tomohiro_maeda | 2008-02-18 20:08 | プライベート
ごめん、ごめん
去年も似たようなことを書いたけど、2008年だからもう一回お付き合いいただければ幸いです。

マジックは秘密と付き合う仕事、というわけだからじゃないけれど、色々な仕事の中には、他の人たちに協力してもらうプロジェクトもあるわけです。そうなると、「今度こんなことをします!」というオフィシャルな発表も、みんなと足並みをそろえないといけない。

だから発表できる日がきたら、ちゃんとどこかでお知らせします。

ごめん、ごめん。
d0036427_327594.jpg
今日はアシェット婦人画報社と、ここで打合せ。みんなバリバリ仕事をしている。やっぱりオフィス勤めはカッコいいなぁ。
by tomohiro_maeda | 2008-02-16 03:28 | その他
社長室
僕は会社勤めをしたことが無いので、いろんなことに憧れる。その一つは、同僚が上司といった仕事仲間がいたらいいなぁ……と、思うこと。

「ウルサい上司が居ないから、ラクでいいよね」と友人はいうけれど、全部仕事のことを自分で決めなくちゃ行けないというのも、善し悪し。

「気分転換に」と、友人がこんなサイトを教えてくれた。

「スケバン社長レナ」

スゴく面白かったので、僕も、ときどき、ネコを「社長」と呼んだりしている。

「社長、今日は天気がいいですねー」とか

「社長、ちょっと買い物にいってきますので、留守番お願いします」とか

「あ、社長、エサですか?」とか。

「社長」というよりは、「シャチョー」の語感かも知れない。
d0036427_113932.jpg
僕の仕事ぶりをチェックする社長。この頃は、ここが社長室らしい……。

お知らせ 先日ご紹介した朝日新聞の「男の夢ファッション」ですが、東京(東日本全域)、名古屋(東海地方)、福岡(九州地方)は2月18日、大阪(近畿、山陰、山陽、四国地方)は、18日以降(数週間後)に掲載予定となりました。
by tomohiro_maeda | 2008-02-15 01:15 | ヒミツの生活
21世紀だと思うこと
 最近の車は、メールをくれる。「ドアロックを忘れてますよ」とか「ライトが点灯したままです」とか。追突事故なんかを起こすと、安否の確認があった後、自動的にレスキューや警察を派遣してくれる。まぁ、そんなケースは無いに越したことはないけれど……。

 そんなテクノロジーに触れるたびに、「あぁ、21世紀だなぁ…」と思う。子供の頃に想像した、または想像すらできなかった世界が僕らの身の回りに、あたりまえのように存在している。

 その一方でアメリカのゴア元副大統領が環境に対する警鐘でノーベル平和賞をIPCCと共同受賞したのが印象的だった。加速し続けるテクノロジーとその結果に目を向けること。両立することは不可能じゃないと思う。

 言い訳に聞こえるかもしれないけれど、先の車も、ハイテクだけじゃなく、燃焼効率や排ガスの減少基準が驚く程高くなっている。

 NHKで新しい番組の打合せ。子供たちが新しい世紀に夢を託せる、そんな番組になったらいいなぁ……、と何となく思ったり、願ったり。

d0036427_2141036.jpg
植物は成長することをやめると枯れてしまう。今までも、これからも。
by tomohiro_maeda | 2008-02-12 21:04
プロ
月刊誌の取材のために銀座のホテルに。ポーターは、ホテルの玄関で車のドアを開けるなり「いらっしゃいませ、マエダさま、取材のお部屋の方は12階の…」とニコやかにいった。

ポーターというのは、最近は海外でもあまり見かけなくなったけど、ホテルやレストランの入り口で車をキーごと預けるシステムのこと。

モーニングコートにストライプのパンツという伝統的で保守的な装いのポーターで、その着こなしにも感心したし、何より笑顔がすばらしい。「ポーターなんて、珍しいなぁ」と感心すると同時に、ついうっかり、自分が大金持ちで、子供の頃から通っている馴染みの高級ホテルに足を踏み入れたような気がした。

考えてみたら、普段、銀行以外で「マエダさま」なんて呼ばれることはあまりない。たまに言われたりすると、少し恐縮したり照れたりしてしまう。先のホテルのポーターが、相手を少しも気まずい思いをさせないのはスゴいことだと思う。

取材の後、そんなことを考えながらホテルの玄関に戻ると、彼は僕の車を出入り口に寄せ、モーニングコートの尻尾にシワ一つ寄せずに運転席から颯爽と降りた。プロはやっぱりスゴいなぁ。

ちなみに昔のイラストなどでマジシャンが着ているのはイブニングコートです。
d0036427_239273.jpg

by tomohiro_maeda | 2008-02-07 23:09 | スゴい人
初雪
朝からネコが騒がしい、「大変だぁ、大変だぁ」と鳴いているかの様子。仕方がないのでコーヒーを入れにキッチンに降りると、なるほど、中庭は一面の雪だった。

考えてみると、ウチのネコの「ヒミツ」には、初めて見る雪。きっと、ビックリにしたに違いない。童謡に「ネコはコタツで…」とあるけれど、何度も庭に出たがる。雪を掘ったり、結構楽しそう。
d0036427_12364163.jpg

by tomohiro_maeda | 2008-02-04 12:36 | ヒミツの生活
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧