プロフィール

前田 知洋
(まえだ ともひろ)
東京 生まれ
観客のすぐ側で見せるクロースアップマジックというスタイルのマジシャン。チャールズ皇太子もメンバーの英国マジックサークル、ゴールドスターメンバー。ハリウッドのマジック・キャッスルなど、海外での出演も多い。出演したテレビ番組は100を超える。インテリアと建築の本「モダンリビング」(アシェット婦人画報社)で自宅のリノベーションなどにまつわるエッセイを連載中。

さらに詳しく知るには
前田知洋公式サイト

「人を動かす秘密のことば」出版しました。

「知的な距離感」も好評出版中。


DVD「奇跡の指先 前田知洋 プライベートレッスン

応援したり、されたりのリンク



Pink Ribbon 2007

リンク用バナー




<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
丸、四角、三角。
最近、気に入っているのはホットサンド・メーカー。

王道のレシピはハムとチーズ。けれど、試しにオニオンとプロシュートハムで作ったら、スゴく美味しかった。一度に2個(三角のヤツが4個)焼けるから、ハム&チーズとオニオン&プロシュートの組み合わせが作ることが多い。

そうなると、パンとハム、チーズなんかに凝ってみたくなり、いろいろと探した。プロシュートはそんなに種類が無いので、見つけるのは簡単。しかし、サンドイッチ用の12枚切りパンや、ピッタリのサイズの四角いハムをデパ地下で探したのだけれど、見つからず。

別の買い物で近所の肉屋さんにいったら、理想のハムを発見。ただ、冷蔵庫にはハムの在庫(丸いヤツ)があるので購入せず。「明日は買う!」と心に誓う。

このホットサンド・メーカー、プレートを換えるとワッフルも作れるようになっている。卵とミルク、ミックスされた粉があれば、すぐに出来るところがいい。

普段は、バターとGregのお土産のメープルシロップだけだけど、写真に撮ったらいまいちなので、イチゴと生クリームをのせた。
d0036427_0332042.jpg

by tomohiro_maeda | 2009-12-29 23:55 | プライベート
窓の外のツリー
d0036427_17442494.jpg
この仕事を始めてからクリスマスを普通に過ごしたことがない。洒落たディナーやケーキを食べたりプレゼントを交換したり、靴下を枕元へぶら下げたり……、そんなことについ憧れる。

僕のクリスマスは(といっても12月は)、たいがい、トランプを片手に観客の前で過ごす。それでも、クリスマスは心が躍る。キラキラする飾り付けやクリスマス・ソングを歌うやわらかな声がそんな気分にさせるのかもしれない。

マジックの後の拍手や笑顔がいつもより少しだけ多いような気がするから、それが僕にとってのクリスマス・プレゼント。

窓の外を見ると、ビルの明かりが大きなクリスマスツリーに見えた。
by tomohiro_maeda | 2009-12-24 18:04 | 控室譚
寒い夜はラジオで
d0036427_2362864.jpg
寒さと静けさは比例しているような気がする。だから、僕は夜になるとラジオをつけて、本を読んだり、写真集を眺めたり。最近、気に入っているのは Annie LEIBOVITZ。

スピーカーから流れてくる声や音楽(今の季節ならクリスマスソング)、FMラジオ特有の微かなホワイト・ノイズを聞いていると、だんだん夜が更けてくる。

ネコは石油ストーブのそばの椅子に寝そべって目を細める。

21世紀とは思えない、とてもアナログなライフ・スタイルかもしれないけれど、僕にとっては至福の時間。
by tomohiro_maeda | 2009-12-21 23:06 | プライベート
狩猟動物
d0036427_6375487.jpg
今日は仕事のために朝の4時に起床。フリーランスの時間割は不規則で、夕方からゆっくり出かけることもあれば、こんなふうに外がまだ暗いうちに家を出ることもある。

目を擦りながら、ストーブに火を入れて、コーヒー用に湯を沸かす。その間に今日のマジックに使うトランプなどの道具やスーツやシャツ、ネクタイなどを並べていく。

猫はいつものように、僕の後から起きてきて、並べた品々を端から端へ匂いをかいでいく。そして最後はプイとどこかへ行ってしまう。僕が出かけるは何となくわかるようだけれど、甘えて引き止めたりしない。今朝は風が強かったから、猫は一日中寝て過ごすかもしれない。

僕は猫を少し羨ましく思い、

「キャットフードのためにがんばってくる」

と姿の見えない猫に言う。

猫は、わかっているのだか、わかっていないのだか…。
by tomohiro_maeda | 2009-12-18 06:38 | ヒミツの生活
The Magician
d0036427_2244797.jpg
グレッグとディナー。ショッピングモールの店頭で、

「 pancake な lens の focus が shallow だから……」と僕が首から下げているカメラについて、英単語と日本語の接続詞の混ざった変な会話をした。格好良く訳すと「短いレンズだから、被写界深度が浅いから……」かなぁ。

「つまりね、こいうこと」と言って、僕がカメラのシャッターを切ったのが上の写真。

グレッグと串カツを食べながら、1973年頃のアメリカのテレビシリーズ "The Magician" の話で盛り上がる。

「あのドラマに登場する探偵役のマジシャンはカッコよかったね」

という話をしたら、ドラマの主人公の名刺をくれた。実はドラマの主人公はグレッグの父親がモデルになっている。

グレッグは「パパの倉庫を整理したら、出てきたんだよ」と気軽に言い、僕はマジシャンにたいする当時の憧れを思い出し、子供のように喜んだ。

鼻唄を歌いながら家に戻り、youtubeでドラマのオープニングのシーンを見たら、やっぱり、カッコよかった。
by tomohiro_maeda | 2009-12-13 02:23 | プライベート
スゴい人!
いつも「スゴいなぁ……」と感心する。それは、湘南ビーチFMのナビゲーターの竹下由起さんのこと。

どこがスゴいかというと、竹下さんがブログにエントリーしているように、彼女一人で

「構成、取材、編集、選曲、ミキサー、ニュース原稿を選んで読み、交通情報を調べ、喋る」

さらに、竹下さんのブログの読者やリスナーの皆さんがご存知の通り、ユーモアのセンスもあふれている。
d0036427_1485626.jpg
そのうえ、いつも素敵な笑顔で僕らゲストを迎えてくれる。
by tomohiro_maeda | 2009-12-10 02:02 | スゴい人
カメラ目線
d0036427_146418.jpg
写真にハマっている。外に出るときは、少し小さめでレンズの明るいカメラをいつも首から下げている。

外でも自宅でも、いろんなものをパチパチとる。手にトランプを持っているとき以外は、カメラを構えているか、とった画像を確認していることが多い。愛猫のヒミツは、前からカメラ好きだったけれど、僕が首から下げているカメラに興味津々。そばに来るからつい撮影する。

仕事でも、移動中は窓からの風景を写し、ホテルについたら部屋を撮る。写真はすぐにたまってしまうから、ヒマを見つけては、カメラのディスプレイを眺めて写真を整理する。

友人たちは、そんな僕を見て

「どんな写真とってるの?」

って、撮った写真をデジタルカメラのディスプレイで送っていく。

そして、ほとんどの人が

「なんでこの猫、いつもカメラ目線なの?」って聞く。
by tomohiro_maeda | 2009-12-06 03:06 | プライベート
トップ | ログイン

F.A.Q.
by tomohiro_maeda
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
[情報拡散] 情報に注意。
from shabby style b..
HAPPY BIRTHDAY
from Favori ceux
巡り 変わる
from 人魚の足跡
素敵な誕生日 Dear・..
from Sweet Heart Me..
HAPPY BIRTHD..
from HAPPY LIFE
6回目の11月10日
from Dreaming-mario..
Utili-key(SW..
from 広島C級グルメ
ワインと共に~第2週目~
from Sweet Heart Me..
ワインと共に~第1週目~
from Sweet Heart Me..
エコポ 白物家電にやっと波及
from 時々時事爺
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧